山梨県甲府市 畳のことなら堀田畳製作所へ

「甲州畳」新発売!

登録商標「甲州畳」
当店自自慢の選りすぐりの材料と工法。藁本畳と熊本い草で仕立て上げ、畳床は、板入れ本床仕様。これぞ「畳」と言うにふさわしい畳のご紹介です。茶室や文化財などで使われる畳。作れる畳職人も限られてきた昨今。京都の技術をそのままに厚生労働大臣認定の1級畳技能士が手作業で縫い上げる畳を、ぜひご家庭にもお届けしたいという思い。お問い合わせください。

やまなしSDGs企業紹介CM

今春から、やまなしSDGs登録企業に認定されている事業所紹介CM(UTYテレビ山梨)内で放送されています。「畳はSDGs」いぐさと、わらで出来ている畳はやがて土に分解され地球にやさしい敷物。
環境問題の騒がれる今。和室に使用される「畳」は天然素材の世界に誇る吸放湿、呼吸する床材。燃えづらく膝腰にやさしいクッション性もあり転倒時にもそのクッション性を活かして施設でも見直され畳部屋が急増しています。

フローリングのお部屋にピッタリですね!

フローリングのお部屋には畳が似合わない?!
そんなことは誰かが勝手に言っている話し。昔ながらの畳しか知らない方のお話なのでは???
当店は、登録商標「甲州畳」からいろいろな畳を販売できる唯一無二のお店(*^-^*)
和室にしか「たたみ」を使わないなどと誰が決めたのでしょう♪
廊下にも、お風呂にも、エレベーターの中にも「畳」は存在します。
これを見て「へぇ~」と感じていただければ幸いです。

2024 技能グランプリ大会 銀賞受賞

2024/2/24(土)福岡県北九州市小倉、西日本総合展示場に於いて全30職種の技能士の日本一選手権とも言える大会に当店長男、技術主任1級技能士誠道(マサミチ)が最年少初出場ではありましたが、並みいる先輩技能士と互角に競技し、銀賞2位を受賞しました。技能士の中では20代はまだまだ若僧の部類。しかし、京都の修行で習得した高い技術は大会審判員にも評価され強豪ひしめく中、熟練技能士の先輩方を抑え見事準優勝銀賞の栄に輝きました。地域の皆様や畳業界の方にも応援をいただき銀メダルではありますが山梨県に持ち帰ることが出来ましたことは本人もですが、当店としても更に一層の信用と実績を裏付けるものとなり身の引き締まる思いです。今後とも精進を重ねいつの日か日本一の称号を手に入れるまで技術を磨き続けたいと思います。

YAMANASI SDGs登録事業所に認定されました

この度、当店もSDGs登録企業の仲間入りをいたしました。「畳」こそ、そのものがSDGs製品「稲わら」「いぐさ」「麻糸」で出来ている事。。。使用済みはすべて分解され土にかえり化学物質の加工品ではない事。畳表は裏表使えゴミを出さないエコな敷物である事。などなど、「畳」の文化そのものが古来より先人のちえの結晶として存在し現代社会のも受け入れられて現存する世界に誇る敷物であること。
当店は、地球環境にも配慮して今後もお客様の住環境改善に努めてまいります。

次男23歳 厚生労働大臣認定1級技能士にチャレンジ

4月、5年間という歳月を京都老舗畳店で修業し腕を磨き帰郷、昨年はアメリカ サンフランシスコまで先輩畳師と仕事に同行、若干23歳とはいえ経験と技術は一流に育ちました。合格すれば国内最年少畳製作1級技能士の誕生となります。山梨県に戻り、地域の皆様に育てていただくようこれからもよろしくお願いいたします。合格発表は今秋10月になります。今後ともよろしくお願いいたします。

おかげさまで大盛況 ショールーム見学者

県内唯一、ショールーム見学の出来る店。
今春オープンしたばかりの和室のショールーム。何年、何十年ぶりの畳替え。
失敗したくない、見て選びたい。いろいろ聞きたい見てみたい。
様々なお客様が連日ご家族でお越しくださいます。今や流通の80%が中国製や化学表と言われる人工のい草風に編み込んだ疑似畳表。
当店は、純国産品のみの取り扱い。い草の日本一の産地の熊本県から直接仕入れ、生産者の顔の見える畳表のみを使いお客様のお宅の畳を作ります。
安全なものが欲しいのは全員同じ。知らずに中国製の畳表を縫われて長持ちせずボロボロになってしまったなどの相談も近年多いような気がします。
日本人なら日本製の畳で生活したい。そんな声ばかりです、当店が忙しく仕事をさせていただいているのも、一貫して国産畳表に先代から拘り、「安心」をお届けしてきたからにすぎません。
これからもこの先も!「見て」「触って」「感じて」購入するお客様は増えていく事と確信しております。お気軽にショールーム見学へお越しください。